読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗くて長いは平常運転

読んで不快になってもそこは自己責任ということで

2016年全日本選手権観戦覚書

2016年12月になみは…ラクタブドームで行われた全日本選手権に行ってきました。

なみはやは寒い。うん、知ってた。去年真駒内でお荷物と化したカイロが役に立ちました、アリーナもスタンドもどこもかしこも寒い。

それはさておき、今年の全日本びっくりしたことがありました。

そう

パンフレットが

カラーになってるぅ!!

その分値上げしてましたがその値上げの仕方嫌いじゃない。高橋ニコル選手の趣味「タコ集め」がとても気になりますね。

高橋奥田組のサウンドオブミュージックは衣装選曲振付すべてステキなのでなんとかしてみなさん見るといいです。

※高橋奥田組カップル解消のお知らせがありましたね、残念です。残念ですがお二人のさらなるご活躍をじっと待ちたいと思います。

 

さて、肝心の全日本選手権ですが今年は涙がとても印象的な大会であったように思います、

うれし涙も悔し涙も全て。

永井優香選手はまだトンネルの中かな、確かにジャンプは不調でしたが永井さんの優雅で伸びやかなスケートは変わらず美しかったです。

本郷理華選手は直前のプログラム変更があり心身ともに調整が大変だったと思います。正直なところ滑りのあちこちに不安が見えてしまったのですが、プログラム変更は決して後向きではなく世界選手権代表を手にするための策であったと思うので残りのシーズンと来季かっこいいガッツポーズが見れる!よね。

村上佳菜子選手はとびきりの笑顔を見ることができて感無量。とにかく佳菜子選手がリンクに出てくると会場の雰囲気がガラッと変わりますよね、すごく愛されてる選手。みんな手に汗握って一緒に戦ってる感じ。

FSに関してはみんなが「早く!スタオベ!させてくれー!」ってウズウズしていたのが印象的。

そんな雰囲気になったのは男子シングルの友野一希選手のFSも同じで、なんならみんな途中から空気椅子で見てんじゃないかってくらいの勢いです。演技後アリーナの櫓がグラングラン揺れて(スタオベの振動で)感激したけどちょっとこわかった。

西日本では転倒した4Sもバッチリ決めたので世界Jr.も楽しみ!

西日本といえば日野龍樹選手。西日本大会で目覚ましい活躍、NHK杯での好演技、全日本でもみごと4位入賞!ついに眠れる獅子が目を覚ましたはずなので、いい就職先見つかってほしいです。本人は競技を続ける気満々のようなので。※ユニバもめっちゃよかったですしね!

 白岩優奈選手はSPで手袋がエッジに引っかかりスピンができないというアクシデントがあって終わった瞬間の表情がいたましかったのですが、FSではそれも引きずることなく最高の演技で見事世界ジュニアの代表入り。確か技術点はFSトップでしたよね?すごい。

あとは、宇野昌磨選手。勝つことを求められたという点では無良選手と条件は同じだったかもしれないけれど、経験で勝る無良選手は全日本で勝つことの難しさをより知っている分大変だったのかな?と思ったり思わなかったり。

公式練習中からステップ気合入っていて(観戦て公式練習見れるのすごくいいですよね)無良選手ワールド出られないのもったいないくって、なんで最大3枠なのか…。

で、宇野選手ね、FS終わった後の涙正直どんな気持ちなんだろう?と思って見ていたんですけど(眼の前で試合が行われてる時私は割りとテンパってて普通じゃないので)、達成感からくるものだったようなのでそういう場面に立ち会えて幸せだなと思います。

 

最後に今回Jr.の選手の躍進は本当に驚異的でした。女子三強は言わずもがなですが、滝野選手に笠掛選手、三宅選手、島田選手、壷井選手…あげていったらきりがないですが技術は申し分ないし表現面の劣ってないしこのまま怪我することなく成長期を乗り切って末永く選手として活躍してほしいものです。

 

また来年も(どこでやるか知らんけど長野以外だったら)見に行きたいものです。