読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗くて長いは平常運転

読んで不快になってもそこは自己責任ということで

臨スポに行ってきた

5月25日に開催された「臨スポ目標達成フェスティバル-さらなるステップを目指して-」に縁あって行くことができました!

アイスショーデビューがこのイベントって贅沢やなぁ!と我ながら思います。

 

f:id:kaperin:20140529134258j:plain

 ち、ち、近ぇ!!!本当は写真よりもっと近かったです、しかもこれで最後列。普通のアイスショーだったら諭吉が一人では足りないレベル。正直自分の人生でこんな幸運があっていいのか?今後の幸運全部使い果たしたんじゃないかと思います。

 

フィギュアスケートだけでなく臨スポで日々練習されてる氷上競技の皆さんが練習の成果を披露してくれたのですが、これが本当に楽しくてすばらしかった!

そもそも生でスピードスケートを見たのが初めてですが早い!!!見ていて目が回りそうなほど。

リレーも披露してくれたんですがバトンリレー(?)がすごい、次に滑る選手がレーンの内側を一緒になって滑るんですね!

陸上のリレーみたいに待ち構えてたらそりゃー確かに選手が交代するたびにスピード落ちますもんね。考えてみたら当たり前ですけど目から鱗でした。

それからフィギュアの練習生の皆さん!!すごい!たくさんいらっしゃる!!

年齢層も幅広く、本当に小さなお子さんから(3歳くらい?)年配の方までいらして臨スポ周辺ではフィギュアスケートがマイナーなスポーツでは無いということが分かりました。

子育てを終えられた女性の方や仕事を引退された方(もっとお若い方かもしれないけど)など、趣味として習いに行ける施設が身近なところにあるのは大変うらやましいです。本当にこの施設が廃止にならなくてよかった。

本来であればこのような施設が全国に広がるとスケート人口もぐっと拡がっていくのでしょうがまだまだ民間だけ、行政だけでは困難なので様々な力が集まることでアスリートだけでなくスポーツを楽しみたい人たちを支えられるお手本のような施設になってほしいと思います。

 

で、肝心のフィギュアですが…町田君F.U.Y.Aでしたね。後出しジャンケンみたいで気持ち悪いですが、何故か「今日はコンペ用プログラムなんちゃうか?」とは思っていたのです。思ってはいたのですがまさかのF.U.Y.A!!

リンクサイドに町田君が現れた時点で顔から出るもの全て出てしまった私…。頭を抱えて下を向いてしまった私…。

せっかくのF.U.Y.Aなのに涙で視界が霞むという失態をおかしながら、両手で口を抑えて必死で嗚咽をこらえるというしまつ。

もっともっとちゃんと見たかった。